小銭貯金をしてみようと思ったら

小銭貯金の具体的な方法は?

 

 

小銭貯金の具体的な方法は?

 

 

 

・500円玉貯金

 

言わずと知れた小銭貯金の王道な手法です。

 

500円という硬貨の中では最大価値を誇るコインを貯めていくことで、当然ながら達成後の貯金額は相当のものとなります。

 

20万円、30万円という額にまで膨れ上がることもあり、小銭貯金と言えども馬鹿にならない貯金方法です。

 

ただし、500円玉が常に財布の中に残っているかどうかは分からないため、不定期型貯金となるでしょう。

 

比較的大きな額を貯金していくため、日々のやりくりが苦しくなる可能性もあります。

 

500円玉貯金をするためにお札をわざわざ崩したり、生活費が足らなくなって他に貯めてあるお金を引き出したりしてしまっては本末転倒ですし、そう言った意味では難易度は高めでしょう。

 

小銭貯金によって割合高額な商品などを購入したいという目的を持ち、かつ日々の生活費に若干の余裕がある人向けの方法かと思います。

 

 

・100円玉貯金、その他の硬貨に絞って貯金

 

500円玉を貯金箱へ入れるとなれば、それはそれで生活を圧迫してしまうことにもなりかねませんが、100円玉や10円玉であれば、比較的容易ですよね。

 

100円玉でも、貯金箱いっぱいになれば相応の額になります。10円玉も意外と馬鹿にできないものです。

 

100円玉、10円玉であれば、財布の中に収まっていることも多いので、500円玉貯金よりは圧倒的に難易度
が下がります。

 

 

・金種を決めない。

 

金種を全く決めず1円玉から500円玉まで、特にこだわらずに貯める方法も良いでしょう。

 

この場合は、毎日貯金箱に入れるなどの定期的な貯金の仕方も実践できます。

 

例えば、財布の小銭入れに850円の小銭があって、このうちの350円だけを貯金してみるなど、柔軟に決められるため、気軽に始めたい方はこの方法が適しているのかも知れません。

 

 

 

 

・カレンダー型・その1

 

これは個人的に上級者向けだと思っているのですが、日付けに紐づけて計画的に貯金していく方法になります。

 

1年は365日です。

 

スタートの日(例えば1月1日)を1円として、翌日は2円、その翌日は3円…と繰り返して、最終的には365円を投入して貯金を完了させる方法です。

 

これをすると、1年で66,795円貯まる計算になります。

 

また1円から順番に投入していくよりも、1?365のマスを表記した表を作成して、この日は36円、この日は80円という具合に、その日手元にある小銭の量に応じて、貯金額を調整していく方法もあります。

 

ただし、この方法は結構根気がいります。

 

楽しみながら出来る人なら良いのですが、365日という長いスパンでの挑戦になりますので、飽きっぽい人には向いていません。

 

 

・カレンダー型・その2

 

上の365日の長期戦は到底ムリ! なんて言う人は、もっと短期戦に持ち込むことも可能です。

 

このスパンを1か月にして、1円?30円を貯める、もしくはその10倍。10円からスタートするのはどうでしょうか。

 

1か月を30日間として、10円からスタート、最高を300円とすると、4,650円が貯金できることになります。

 

この方法であれば、4,650円の商品を買ったり、友達と食事を楽しんだりする費用を毎月捻出することができます。

 

計画的にやればやるほど、小銭貯金は実に頼りになる存在となります。

 

 

・ゲーム的な感覚で楽しんでやってみる、あまりおススメでない方法。

 

もうちょっと趣向をひねって楽しんで小銭貯金に取り組んでみたい方には以下の方法もあります。

 

 

いくら貯金箱に入れるのかは運次第

 

例えば、財布の中の小銭をバラリと床に広げてシャッフルし、目を閉じて一部の硬貨を手で掴んでみる。

 

とくかくもその手の中に収まった硬貨をそのまま貯金するという、ゲーム感満載の方法です。

 

さらにゲーム感覚で実践したい人には、この方法。

 

籠か何かを3メートルほど先に置いて、手に持った小銭たちを放り投げ、籠に入った小銭を貯金箱へ投入する方法です。

 

これはかなりゲーム感満載ですが、注意も必要です。

 

なぜなら、籠を外した小銭たちがそこらに転がりまくって音を立てるので、マンションに住んでいる方やフローリングで行う方は注意が必要です。試すなら畳の上で投げてみるのがベストでしょう。

 

 

では、実際に貯め始めるためのアイテムはどんな物が良いのでしょうか。

 

こちらのページで見てみましょう。

 

 

 

sponsored link